ようこそ実力至上主義の教室へ2 感想

【MF文庫J】の【ようこそ実力至上主義の教室へ2】の感想になります。

2巻目購入。
表紙の赤髪の子は誰だ!?

 タイトル  ようこそ実力至上主義の教室へ2
 出版社  MF文庫J
 発売日  2015/9/19(公式は25日)
 著者  衣笠彰梧
 イラスト  トモセ シュンサク
 ジャンル  学園黙示録
 主人公  事なかれ主義 + α
 ヒロインの髪  黒髪
 ヒロインの性格  ボッチマンネリ化。
 追加女性キャラクターの髪  赤髪。
 追加女性キャラクターの性格  極度の人見知り。
 管理人のお気に入り度  ★5(面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<この小説の話を簡潔に語ると?>
【冤罪に巻き込まれた須藤を救い、クラスポイントが減点されることを防げ!】

<管理人感想>
面白い。ただ、多くの謎が新たに浮上した1冊。

■物語について
【須藤が冤罪に巻き込まれる】 ⇒ 【1巻で加算されるクラスポイントが、須藤の冤罪により減点される可能性がでてくる。】 ⇒ 【冤罪であることを証明するために、清隆・鈴音達が立ち上がる。】 ⇒ 【黒幕登場で、3巻に続く。】

【須藤が冤罪に巻き込まれるわけですが、冤罪であることを証明するために、清隆・鈴音達が立ち上がる。】話となっています。また、1巻でちらっと出てきた、一之瀬が後半物語に絡んできます。

また、新たな謎が多数、撒き散らかされました。冤罪の話より、これらの謎を2巻で撒き散らすことが目的だったのではないかと思うほど。笑

謎1.一之瀬の所持ポイント画面を清隆が見て、【ありえない】と感じてしまう。
⇒何を清隆が見たのかは2巻では書かれていません。多分、普通に過ごしているだけでは手に入れないポイントを一之瀬が所持していたのではないかと思われます。

謎2.清隆の隠された素性。
⇒清隆自身、【事なかれ主義】と自分を説明していますが、「そんなわけあるか。」みたいな感じを佐枝ちゃんが言っています。ぶっちゃけこの著者が普通の主人公を書くわけありませんよね。海斗とか、秀隆とか。

謎3.櫛田桔梗の新たな謎
⇒まだ何かこの子、謎持ってるんですか?その謎、チラ見せで今回は、終了ですか。そうですか。気になるじゃねぇか!(;°¢°)ノ

■気になったこと。
1.パーソナルスペースネタまたキター。
⇒別に面白いからいいんですけど、またパーソナルスペースネタ引っ張ってくるとは思わなかった。てか著者は、かなり博識ですよね。結構勉強になってます。笑

2.3巻では清隆の隠している才能、教えてくれるよね?書いてくれるよね?
⇒3巻では、清隆が隠している別の才能?過去何があったのか?書いてくれますよね?これ以上の焦らしが無いことを期待しています。

■店舗特典情報まとめページは下記のURL
2015年9月19日(本来は25日だったよね?)MF文庫J】特典情報_9月20日作成 ★10番目

■公式ページの書籍紹介URL
【MF文庫J】カチコミブライド

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です