放浪勇者は金貨と踊る2 感想

【富士見ファンタジア文庫】の【放浪勇者は金貨と踊る2】です。

1巻でチラッと出てきたアレクの元仲間が、2巻の物語のメインとして出てきます。

「ラノベ帯にも、そんな紹介分が!笑」

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

 タイトル  放浪勇者は金貨と踊る2
 出版社  富士見ファンタジア文庫
 発売日  2015/8/20
 著者  むらさき ゆきや
イラスト  藤 ちょこ
 ジャンル  ファンタジー
 主人公  主人公Tueeeee!
 ヒロインの髪  金髪、紫髪
 ヒロインの性格  根っからの真面目(金髪)、天然(紫髪)
 追加女性キャラクターの髪  白髪。
 追加女性キャラクターの性格  冷静タイプ。
 その他属性  獣属性あり。勇者設定あり。
 管理人のお気に入り度  ★5(面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<この小説の話を簡潔に語ると?>
「元仲間の最強の召喚術士から、街を救え。」

<物語の概要>
詐欺師から、商工教会を救ったアレク。アレクは知る。詐欺師を裏で動かしていたのは、元仲間のシャノワールだった。街は再度シャノワールによって、壊滅の危機を迎える。シャノワールが街の壊滅を防ぐためにアレクに提示した交換条件は、全部で八つ。アレクは街の壊滅の危機をシャノワールから救えるのか?

<管理人感想>
「シャノワールで、2巻丸々使うと思ってたのに、別の話と二部構成?」

2巻は、【ドヴォール卿の部下の買い物話】と【シャノワールの話】の二つで構成されています。

前半:【ドヴォール卿の部下の買い物話】は、一巻と同じように詐欺師を懲らしめる話です。シャノワール全然関係無し。笑
後半:【シャノワールの話】は、シャノワールから街を救え!

になっていました。

一つ目の話は、「なるほどなるほど。そういう内容で相手を懲らしめますか。」でも、シャノワール全く関係ない話だよね。面白かったからいいけど。^^

だが、問題は二つ目。
「あれ?これバトル物だったけ?この流れだとバトりそうな気がするぞ?」
と思ってしまうぐらい商売の話がないんですよね。笑
「このラノベって商売の話で解決するんじゃなかったけ?このままだとバトっちゃうぜー。」
って思った瞬間に、
この物語のメインとなる設定で撃破します。

「あぁ、そうだ。この物語って商売がメインじゃなかった。悪い奴らを騙して懲らしめる事がメインだった。」

前半の話は面白かった。後半の話は、「あぁそうか商売じゃなかったな。」って別の感動がありました。これは上手く1巻で錯覚させられましたね。笑
★5でいいかと。

そうそう、ヒロインはレイチェルなのか?ユニスなのか?
非常に気になってます。笑

店舗特典情報まとめページは下記のURL
【2015年8月20日発売 富士見ファンタジア文庫】特典情報 ★9番目

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です