ウォーロック・プリンセス 戦争殺しの姫君と六人の家臣たち 感想

【電撃文庫】の【ウォーロック・プリンセス 戦争殺しの姫君と六人の家臣たち】です。

金髪姫様買い。お約束。何も言い訳はしない。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

タイトル  ウォーロック・プリンセス 戦争殺しの姫君と六人の家臣たち
 出版社 電撃文庫
 発売日  2015/10/10
 著者  西塔鼎
 イラスト  九
 ジャンル  ファンタジー戦記
 主人公  平和主義
 ヒロインの髪  金髪
 ヒロインの性格 素直。純真。
 その他属性  メイド、英雄、魔女あり。
 管理人のお気に入り度  ★4(そこそこ面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<管理人感想>
予想外に、設定が複雑な物語。笑

■物語の重要キーワード

1.大戦争
第二次大陸統一戦争のこと。【西のコルトリア王国】と【東のルーシェ帝国】を中心に広がった東VS西の戦いのこと。最後には東西共に疲弊し、東西諸国の講和をもって終戦。
2.大統一領(イニシエトラ)
【東のルーシェ帝国】を中心とした【東の連合軍の呼称】。初めに仕掛けたのは、東側。
3.西主連(アライメント)
【西のコルトリア王国】を中心とした【西の連合軍の呼称】。東側に仕掛けられたことを理由に交戦開始。
3.ヴィマール騎士連邦
【東のルーシェ帝国】に、始めに攻められた国の一つ。ただ後に、【西主連】側に参加する。
4.特殊部隊(オルケストラ)
騎士連の特殊部隊。
5.要の四国
【スヴァイゼ・レモラ・エスタリヒ公国・モーラヴィア】の事。東西どちらにも参加しない中立国を宣言している。また、四国間で、【余所のどの国に対しても武力の輸出入を禁止している。】
6.スヴァイゼ
ヒロインが首主の国。資源が多く国の場所も非常に恵まれており、東西どちらからしても手に入れたい国の一つ。
7.エスタリヒ公国
ヴィマール騎士連から自治を認められたアジール人達による独立国家の国。ただ、大戦争中、中立を保とうとしたが、騎士連からの圧力に負け、【西主連】に参加した。ただ、友好国であるスヴァイゼに対しては敵対行動をとらなかった国の一つ。ガラス技術に精通している。
8.不戦地帯
国境から10kmを範囲とした緩衝地帯のこと。居住も許されず、戦争の傷跡もそのままとなっている。また、関係者及び許可を得たもの以外は進入禁止。

■物語について
簡単にいうと、
【戦争を起こさせないために、ヒロインが所属する国(スヴァイゼ)が、あれやこれやと色々対策を練って今ある平和を壊させないように頑張る物語】
です。

設定が複雑。始めの各国の事情を理解しないと置いて行かれること間違いなし。笑

私?途中で、挫折して流し読みしかけましたよ。^^;
でも、流し読みすればするほど、後の話が、ますます分からなくなる。笑
【これどこの国?】【今どういう展開?】【わかんねぇ。】
負のスパイラル止まらなくなります。

流石にこれでは困るので、何度か見直してなんとなく設定を理解できました。

物語の流れはこんな感じ。
【1.主人公お使いを頼まれる。 ⇒ 2.不戦地帯で、エストニア公国に襲撃される。 ⇒ 3.国境監視哨で怪しい取引が行われているので、調査。 ⇒ 4.監視哨が、騎士連の特殊部隊(オルケストラ)から、襲撃される。 ⇒ 5.オルケストラ兵士が、良質なガラスが使われた暗視装置を持っていることを知る。 ⇒ 6.エスタリヒ公国との和平会談が開かれる。 ⇒ 7.和平会談後に、姫様襲撃される。 ⇒ 8.黒幕登場。 ⇒ 9.2巻へ続く。】

ポイントは、
1.友好関係にあるスヴァイゼに対し、エストニア公国が何回か手を出してきていること。
⇒それにまきこまれて、主人公が不戦地帯で襲撃されます。

2.オルケストラが所持していた暗視装置には、【良質なガラス】が使われている。良質なガラスを作成する技術は、【エスタリヒ公国】にしか作れない。つまり、エスタリヒ公国が、騎士連に武力の輸出を行っているということ。
⇒【要の四国】間での、規定に違反しているということ。

3.友好関係であるはずの【スヴァイゼ】と【エストニア公国】の二間で、なぜ和平会談が開かれるのか?
⇒エストニア公国には、【穏健派】と【急進派】で二つに分かれており、一連(=ポイント1のようなこと)の侵犯行為は、エストニア大公も知らなかった。よって、改めて今後のことについて話し合いをしたいという流れ。つまり、急進派の動向をしらなかった。

ということで、1巻は、
【大戦争がなぜ起こったのか?】
【スヴァイゼとエストニア公国のやり取り】
が物語のメインです。それに付随して、【ヴィマール騎士連邦】が、少々絡んでくるといった感じです。

■1巻で判明した東西中立の各国参画状態

東:大統一領(イニシエトラ)
【ルーシェ帝国】
西:西主連(イニシエトラ)
【コルトリア王国】【ヴィマール騎士連邦】【エストニア公国】
中立
【スヴァイゼ】【レモラ】【モーラヴィア】

■最後に
最近の電撃文庫難しくない?笑
さすがに2巻でるよね?

★店舗特典情報まとめページは下記のURL
【2015年10月10日 電撃文庫】特典情報_10月8日作成

★公式ページの書籍紹介URL
ウォーロック・プリンセス 戦争殺しの姫君と六人の家臣たち

★電撃文庫HP
電撃文庫HP

★電撃文庫blog
電撃文庫blog

【アマゾン】

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です