サバイバルPゲーム 感想

【ダッシュエックス文庫】の【サバイバルPゲーム】の感想になります。

買っちゃったよ・・・。
スルーできなかったよ。
仕方ないじゃないか。表紙が誘うんだもの。

 タイトル  サバイバルPゲーム
 出版社  ダッシュエックス文庫
 発売日  2015/9/25
 著者  櫂末 高彰
 イラスト  葛西 心
 ジャンル  青春サバゲー
 主人公  普通。いたって普通の少年。
 ヒロインの髪  茶髪?
 ヒロインの性格  控えめ。
 管理人のお気に入り度  ★3(普通)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<この小説の話を簡潔に語ると?>
サバゲーに勝ち、女子達からの圧政を覆せ。

<管理人感想>
ダッシュエックスこのジャンルに手を出したか。笑

■物語について
1.女子の方が権力が強く、男子は女子の言いなりにならざるを得ない。
2.新入生である男子の不満が爆発。
3.新入生男子に、女子生徒会長が不服があるなら、伝統行事で【サバゲー】で女子を倒してみせよ。

という流れになっています。

で、このサバゲー要素に、セ○シーな要素が、大量に組み込まれています。
【寧ろ、この要素がこのラノベの売りでしょうし。笑】
作者さん、編集さんどちらの医師だったのでしょうか。気になります。

まぁ、この要素が入ってるのは、わかって買ったことなので、別にそこは否定するつもりはありませんが。

読み進めていくと、当然、この要素が出てくるわけですが、
【このセ○シー要素、バンバン出てくるな。】
という感想。

ダッシュエックス文庫にしては、珍しい。

【文句の付けようがないラブコメ】と同じ会社だよね?笑


■読んでて一番印象だったことは
【セ○シー要素】でも、【キャラクターの個性】でもありません。

それは、
「えっ?この話、続くの!?2巻出るの!?マジで!?」
ということで、物語が続くということが、
「読んでて1番の衝撃だったかもしれない。笑」

確かに、第1ステージ、第2ステージがあると書かれており、第1ステージまでしか1巻では書かれてませんね。

2巻、買いますよ。えぇ。^^

★店舗特典情報まとめページは下記のURL
【2015年9月25日 ダッシュエックス文庫】特典情報_9月23日作成 ★3番目

★公式blog
ダッシュエックス公式blog

★公式ページの書籍紹介URL
サバイバルPゲーム

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です