そんな世界は壊してしまえ 感想

【MF文庫J】の【そんな世界は壊してしまえ】です。

【いつか世界を救うために-クオリディア・コード- 】と同じ世界観で描かれている物語とのこと。【救うために】の舞台は、神奈川でしたが、こちらの【壊す】は、東京が舞台のようです。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

タイトル そんな世界は壊してしまえ
出版社 MF文庫J
発売日 2015/10/23
著者 さがら総(Speakeasy)
イラスト カントク
ジャンル ファンタジー
主人公 人類大好き
ヒロインの髪 金髪
ヒロインの性格 真面目で天然(金髪)
その他属性 魔法あり。
管理人のお気に入り度 ★1(残念。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<物語の概要>
戦闘課という花形の課があります。

戦闘課に属する人間は、人類の【敵:アンノウン】と戦うことを許されています。

朱雀一弥と鵜飼つぐみは、鷹匠詩からの依頼で【追い出し課】という課に配属されます。この追い出し課の仕事は、戦闘課で力不足の人間に対し、戦力外通知をするお仕事です。

【追い出し課】の仕事をこなしていく過程で、宇多良カナリアという少女と出会って、今の世界をおかしいと思う物語。

<管理人感想>
わからない。話が分からない。難しいんです。

1冊の話の中に、異なるシーンの物語が2本動いています。(A物語とB物語の2本。)
このB物語が分からない・・・。

2回の読み直しが必須が必須と思われる作りになっています。

「そんな時間はねぇ。こちとら積んでるのが多数あるんだ・・・。」

富士見ファンタジア文庫の【いつか世界を救うために-クオリディア・コード-】これと同じ世界観で書かれている企画とのことなのですが、世界観で同じと思ったことは、
【コールドスリープした。コールドスリープ中に能力が開花する可能性あり。】
【アンノウンという人類共通の敵がいる。】

このラノベでわかったこと。
【舞台は東京。(救う方は、神奈川。】
【東京は、神奈川と異なり、戦闘課に属する人間しかアンノウンと戦ってはいけない。戦闘課に入るためには、空を飛べることが条件】
【神奈川第一位の天川舞姫が、怪力ゴリラと言われていたこと。笑】

結局、読んでて、
「(。-`ω´-)んー?  (・д・)ん? ( ̄ー ̄?)で結局何?」
という所で落ち着きました。

結局、何を訴えたかったのか分かりませんでした・・・。うーむ。笑

評価としては、★1で。

話の根元が分からないので、総括ページは作らないことにします。
【いつか世界を救う】方は、面白かったんですけどね。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です