イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章 感想

「GA文庫」の「イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章」の感想になります。

表紙で選び、金髪で選…。
いえいえ、そんなことはありません。

タイトルと帯で選びましたよ。
えぇ。本当です。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

 タイトル  イレギュラーズ・リベリオン 1.王者の紋章
 出版社  GA文庫
 発売日  2015/7/14
 著者  尾地 雫
 イラスト  おちゃう
 ジャンル  ファンタジー
 主人公  元エリート
 ヒロインの髪  黒髪
 ヒロインの性格  クール系。
 管理人のお気に入り度  ★3(普通。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<この小説の話を簡潔に語ると?>
「元エリート。過去の因縁を乗り越えて、復活せよ。」

<物語の概要>
紋章騎士の養成学校【マーテリア騎士学院】。学院で最強の部隊に所属していたハンティス。だが今や、昔の面影はなく留年し最弱部隊と呼ばれる隊長に成り下がってしまっていた。ある日、ハンティスが成り下がってしまった過去の因縁が勃発する。ハンティスは、無事過去の因縁を乗り越えられるのか?

<管理人感想>
1巻目だし、こんなもんか。2巻以降どうなるかね。

主人公ハンティス君はですね、留年してます。笑
1年生を2回目しているわけです。

1巻目の構成は、【留年するきっかけとなった話】と【現代編の話】の二つの話で構成されています。

・【1章、2章のと各章の間に、留年するきっかけとなった1年前の過去編の話が書かれている。(章で言うと、1.5章、2.5章とかが過去編】
・【1章、2章の各章が現代編。】

で、1巻の最後で、現代編に話が纏まって物語が進んでいきます。

始めから「多分、主人公トラウマやらかしてるな。これは。」と読んでたわけです。
でも、「あれ?こいつ出てくる?こいつまで出てくる?何のトラウマイベントだ?」
と、だんだんわからなくなってきたんです。
が、中盤で、「あぁ。なるほど。これかと。」よくあるトラウマイベントの1つでした。

全体的な感想としては、【普通。】だと思います。普通に読めるラノベでしょうね。特にSugeeeeeeee!とか、そういった物はなかったですね。別に読みにくい設定もなかったですし。

後個人的な感想ですが、フェニックスの口調は、もう少しクール系で攻めてほしかった!「あたち」っていうキャラ久々に見た気がする。個人的にフェニックス加点を加えると★4にしたいんですが。笑

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です