いづれ神話の放課後戦争 総括情報

【富士見ファンタジア文庫】の【いづれ神話の放課後戦争】の総括情報ページ。

ネタバレ内容を記述しております。ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

タイトル いづれ神話の放課後戦争
出版社 富士見ファンタジア文庫
発売日 1巻:2015/8/20
2巻:2015/12/19
著者 なめこ印
イラスト よう太
ジャンル 神々が世界の覇権を争う学園ヒロイックバトルサーガ。(簡単な話、ファンタジー)
主人公 冷静で天才型。
ヒロイン情報 シャルロッテ・ラブペイン(銀髪):天然でおっとり系。
その他属性 伝記の英雄多数。
発売されている全巻の管理人評価 1巻:★4(そこそこ面白い。)

■物語の概要
【10年前の神々の戦いにより、妹(神仙天華)が、消息不明になってしまった。主人公である神仙雷火は、消息不明になってしまった妹の手掛かりを探すべく、また、妹を奪った神々に鉄槌を下すべく、再度開かれる神々の戦いに自分から参戦することにした。】

■各巻のダイジェスト

1巻(詳細は後日)
【唯一神を巡る神々の戦いに、雷火と妹が巻き込まれ妹が消息不明に。 ⇒ 神々に鉄槌を下すべく、10年後の神々の戦いに雷火は自ら足を踏み入れる。⇒ 雷火は、ケルトの大魔神バローネを身に宿す。 ⇒ ブリュンヒルデに襲われ、ブリュンヒルデ戦開始。 ⇒ フレイヤとの戦い。 ⇒ 2巻に続く。】
2巻
【ゼウス戦開始。 ⇒ ゼウスに敗北。 ⇒ ゼウスリベンジ計画。 ⇒ 生徒連続失踪事件発生。 ⇒ 櫛鉈撫子の妹、姫子の失踪について調査を開始。 ⇒ スサノオ登場。 ⇒ スサノオ戦 ⇒ スサノオに敗北。 ⇒ スサノオ対策会議。 ⇒ 少女エミリーと遭遇 ⇒ マリア失踪 ⇒ エジプト神話の王との対決 ⇒ 撫子と姫子の再開。 ⇒ 3巻へ続く。】

■登場人物達について。()については、登場する巻数。

●神仙 雷火(1巻)
主人公。消息不明となった妹を探しつつ、神々への復讐を考えている。相棒である神は、【ケルト神話:魔眼の王バローネ】。
●シャルロッテ・ラブペイン(1巻)
銀髪。雷火たちの1年先輩。天然でおっとり系。神話代理戦争に巻き込まれたところを雷火に救われる。相棒は、【北欧神話:ブリュンヒルデ】。
●マリア・ミント(1巻)
金髪。雷火が神々の復讐のために潜んでいた教会施設の後輩。雷火が復讐の機会を伺い神々の戦いが行われる学園に一緒に入学する。
●鹿金 涙々(2巻)
金髪。スタイル抜群。で明朗快活。が、彼女も神格適合者。彼女の内に存在る神は、【北欧神話の女神:フレイヤ】
●天華(1巻)
雷火のクラス委員長。だが、姓名:神仙 天華。つまり、雷火が捜している妹。10年前、【ギリシア神話の主神たる全知全能の神ゼウス】により、天華の自由は奪われている。
●櫛鉈 撫子(2巻)
シャルロッテのクラスメイト。行方不明になった妹の姫子を探している。
●櫛鉈 姫子(2巻)
撫子の妹。神格適合者であり、彼女の中には、【日本神話のスサノオ】が存在している。
●エミリー(2巻)
雷火が出会った少女。神格適合者。【エジプト神話のオシリス】が存在している。
●レオン・ブレイドブライト(2巻)
失踪事件調査中に知り合った少年。調査に協力すべく雷火達と行動を共にする。神格適合者だが、彼の中にいる神は不明。
●國崎 小次郎(2巻)
雷火の悪友。おちゃらけた態度を取ってはいるが周りからは好評化な少年。雷火曰く、バローネと似た者同士。

■舞台用語について。

●神話戦争
10年前【唯一神】の座を巡って起きた神々たちの争い。この争いによって、雷火の妹(天華)が消息不明となった。
●神話代理戦争
神々と人間立の間でルールを定めて行うことにした神話戦争のづ付き。3年に1度、ローラシア島の学園で秘密裏に行われている。が、決着はついていない。
●神格適合者
神の器に選ばれた少年少女立。つまりは、雷火やシャルロッテのこと。器に選ばれた者に拒否権はなく、神の魂を身に宿すと特殊な例を除いて、人格が消滅する。現在、人格が消滅していないのは、雷火とシャルロッテのみ。
●ローラシア島
ユーラシア大陸にできた大穴に北極海の水が流れ込み、新たにできた海の中心につくられた人工島。聖餐管理機構はこの島に学園を造り、世界中から少年少女を集めている。
●学園
ローラシア島に集められた少年少女が通う場所。島内唯一の教育機関のため固有名詞は無く、単に「学園」と呼ばれる。
●聖餐管理機構(エウカリスティア)
神話戦争後、急速に台頭した組織。戦後の混乱期に強化を出し抜き、神話戦争に関するあらゆる戦後処理及び情報統制の権限を得る。表向きには、戦場後の神性現象の除去など戦災復興にも尽力を尽くしているが、謎の多い組織。
●夜時間
放課後、日が沈んだ後の時間のこと。門限。夜時間になると寮を除く島内全域が異界化し、そこが神話理戦争の舞台となる。日の出とともに異界化は解除され、戦いで破壊された物や建物は全て元通りに復元される。
●レガリア
その神の象徴する武器や装神具、能力の事。いずれも人知の及ばぬ絶大なる力を持っており、神々は【レガリア】持って戦い合う。


■お勧めできない人は?
【神話に出てくる英雄たちが苦手】
という人にはおすすめできません。

■管理人的には?
かなり好きですよ。
色んな神話の英雄(?)達が出てきて面白いです。
(まぁ、このシリーズを読んでるとfateと被ってるじゃねぇか。という意見もおありの方もいられるかと思いますが。私はこのシリーズ好きなので。笑

色々な神話の神様達、勢ぞろいです。

物語は、
「神様達が人間の体に憑依して、覇権を取り合う物語」
なんですがね。

神話物語好きな人達は、ためしに1冊読んでみてはいかがでしょうか。
またfateシリーズが、お好きな方は、試しにお試しでも読んでみてはいかがでしょうか。

■管理人 各巻の感想リンク

1巻感想
いづれ神話の放課後戦争
2巻感想
いづれ神話の放課後戦争 2

★店舗特典情報まとめページは下記のURL

1巻特典
いづれ神話の放課後戦争 特典情報 ★1番目
2巻特典
いづれ神話の放課後戦争2 特典情報

★ファンタジア文庫 ホームページ
ファンタジア文庫 ホームページ

★ファンタジア文庫 編集部ブログ
ファンタジア文庫 編集部ブログ

【アマゾン 1巻】

【アマゾン 2巻】

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です