乙女な王子と魔獣騎士 感想

「電撃文庫」の「乙女な王子と魔獣騎士」です。

表紙2人の服装から、どこかの王国物語であることが感じられますね。

電撃文庫を読むのは久々ですね。そういえば最近買ってないなぁ。

タイトル  乙女な王子と魔獣騎士
 出版社  電撃文庫
 発売日  2015/6/10
 著者  柊遊馬
 イラスト  久杉トク
 ジャンル  ファンタジー
 主人公  あることを心に誓った主人公。
 ヒロインの髪  金髪
 ヒロインの性格  真面目
 その他属性  獣族あり。
 管理人のお気に入り度  ★4(そこそこ面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<この小説を1文で語ると?>
「あることを心に誓った主人公とその姫の物語。」

<物語の概要>
世界に忌み嫌われる魔獣スローガヴ。少年ジュダは人間とスローガヴのハーフである。ある事がきっかで、スローガヴの母親がいなくなってしまう。少年はあることを心に誓う。数年後、王子であるラウディと出会う。あることが理由でジュダはラウディとの付き合いを良く思えない。ジュダは心に誓ったことを達成できるのか?

<管理人感想>
ありがちなストーリーですが、面白いですよ。
読みやすい。(なんかこればっかり書いてる気が。笑)

物語の真ん中で、【メインの話】とは違う話の内容になります。
「この話で、結構面白くなった!今後の話の流れにどう影響を与える?」
と思ったんですが、【メインの話】の流れに戻ってます。

1巻の最後には、きっちり(?)あることを解決します。
布石は適度にバラまかれており、2巻目が出せるようになっている気がします。笑
売上次第なんでしょうか。

発売されたら購入します。個々のキャラクターが非常に好きなので。
特にジャクリーン教官なんてカッコいいじゃないですか。

乙女な王子と魔獣騎士 (電撃文庫)

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です