ノーゲーム・ノーライフ8 感想

【MF文庫J】の【ノーゲーム・ノーライフ8】です。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

タイトル ノーゲーム・ノーライフ8
出版社 MF文庫J
発売日 2015/12/25
著者 榎宮 祐
イラスト 榎宮 祐
管理人のお気に入り度 ★4(そこそこ面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

■この巻の物語について
【オールドデウス戦決着。】

・物語の流れ
【空白ステフ VS ジブリール ⇒ 空白 VS 巫女 & オールドデウス。 ⇒ 9巻へ。】

<管理人感想>
【話が難しい。これは8巻ともう一回見直さないと全部が理解できない・・・。】

話は、
・空白ステフ VS ジブリール
・空白 VS 巫女 & オールドデウス。

この2本。

ただ、両方とも話が難しい。
ジブリールの方は何とか理解できましたけど、オールドデウスは、ほぼさっぱりだ。笑

読み応え満載。ホライゾンに匹敵するレベル。オールドデウス編は、もう一回読み返しても理解できるのだろうか。笑
物語の作り込みが、半端ないです・・・。

その作り込みを全部理解できてないのですが。笑
ただ、詳細を完全に理解できないだけで、大まかなことは理解できましたよ。

「巫女さんの中に、オールドデウスがいた。」とか。

「オールドデウスが、白みたいな少女の姿に変わって皆ハッピー。」
とか。

そういうことでしょう。きっと。笑

★店舗特典情報まとめページは下記のURL
ノーゲーム・ノーライフ8 特典情報

★公式ページの書籍紹介URL
ノーゲーム・ノーライフ8

★MF文庫J ホームページ
MF文庫J ホームページ

★MF文庫J 編集部ブログ
MF文庫J 編集部ブログ

【アマゾン】

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です