文句のつけようがないラブコメ5 感想

【ダッシュエックス文庫】の【文句のつけようがないラブコメ5】です。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

タイトル 文句のつけようがないラブコメ5
出版社 ダッシュエックス文庫
発売日 2015/12/22
著者 鈴木 大輔
イラスト 肋兵器
管理人のお気に入り度 ★4(そこそこ面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

■この巻の物語について
【そうだ、新婚旅行に行こう。ただし皆をつれて5人で。(おぃ】

・物語の流れ
【桐島ハルコによる九十九機関への考察1 ⇒ セカイ、皆をつれて新婚旅行に行こう! ⇒ ユウキの家で、新婚旅行の計画。 ⇒ いざ、皆で新婚旅行に。 ⇒ 物語は繰り返される。 ⇒ 6巻へ。】

<管理人感想>
【まだ、解き明かされない謎が多い。そして今回もループした。】

物語の内容は、
【セカイ!新婚旅行に行こう皆で。】
という1本の物語。

はい。普通なら絶対、パートナーに怒られますね。
「なぜ、2人で行かない!?」「なぜ、他人がいる!?」「新婚旅行だろう!?」
と間違いなく。

なぜ、こんな新婚旅行をハルキが提案したのかというと、
【セカイは、もう世界がどうなってもいい(?)と思ってるようなのです。セカイの命もそうですが、世界の残り時間も少なくなっており、世界の終わりも近づいているようなのです。このままでは世界が滅んでしまう。】
つまり、九十九機関にとっては、あまりよろしくない状況(?)らしくて、セカイを新婚旅行という体で連れだします。

連れ出した新婚旅行で、
【セカイに今の世界を見せることで、世界が滅ぶことに未練を持たせ、世界を捨てないようにさせること。】
が目的です。

で、そのサポート(?)として、ユウキとセカイ以外に、ハルコやクルミ、おチヨの3人も旅行についてきたという流れです。

実に、残酷な物語です。九十九機関コエェエ。
まぁ、旅行中の話は、ラブコメしてましたが。笑

最終的には、
【セカイは世界を救うことにするんですが、結果、世界がまたループ】
します。

評価としては、★4でいいかと。

お約束のごとく、次の物語のユウキとセカイの出会いのシーンで巻が閉じられているわけですが、
「今度の設定は何だこれ?全くわからん。どういう設定だ?」
おとなしく6巻発売まで待っていることにします。

★店舗特典情報まとめページは下記のURL
文句のつけようがないラブコメ5 特典情報

★公式ページの書籍紹介URL
文句のつけようがないラブコメ サイト

★ダッシュエックス文庫 ホームページ
ダッシュエックス文庫 ホームページ

★ダッシュエックス文庫 編集部ブログ
ダッシュエックス文庫 編集部ブログ

【アマゾン】

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です