いでおろーぐ! 3 感想

【電撃文庫】の【いでおろーぐ! 3】です。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

タイトル いでおろーぐ! 3
出版社 電撃文庫
発売日 2015/11/10
著者 椎田十三
イラスト 憂姫はぐれ
管理人のお気に入り度 ★5(面白い。)

物語の設定、人物、その他詳細情報、については、いでおろーぐ! 総括情報に記述。

ここより、物語のネタバレを含みます。

■この巻の物語について
【新年度、反恋愛主義青年同盟部も新人勧誘したら、とんでも新入生が入ってきた。】
これがメインの話で間違いない。笑

・物語の流れ
【花見粉砕闘争編。 ⇒ 新年度クラス編成イベント。 ⇒ 新人部員オルグ作戦! ⇒ 新入生歓迎会に反恋愛主義青年同盟部が乱入。 ⇒ 新人スパイ疑惑。(幼●からの刺客だった。) ⇒ 風紀委員による恋愛相談イベント ⇒ 修羅場イベント突入。 ⇒ 修羅場イベント解決。 ⇒ 恋愛相談イベント解決 ⇒ 4巻へ続く。】

<管理人感想>
まず、花見をしている人たちに、【恋愛の恐ろしさと行くつく先】について唱えますが、相手にされません。という軽めの話からスタートします。

そして次の話は、新年度の話になって、メインとなる話がスタート。
新入生が入ってきますので、反恋愛主義青年同盟部も新人ゲットを狙います。
で、
入ってきた新入生が黒い。凄まじい。
【黒い。】【●品。】【猫かぶりあり。】の3機能を搭載。
さらにあと1つ。この新入生は、【反恋愛主義青年同盟部に対する幼●(神)の刺客】性能も完備。笑

・・・物語にインパクトを与えるための一か八かの勝負ですか?笑
っていうぐらい個性が強烈。
「お?・・・おおぅ。マジか。黒すぎるし、何より●品すぎるだろう。」
という感想を持たされました。それぐらい強烈です。笑

最終的には穏やかなキャラクターに変わったので、嫌いになりませんでしたが。これ以上引っ張られたら、「こいつは、ちょっと・・・。」ってなってたと思います。良いさじ加減だと思います。

で物語は、この新入生が、反恋愛主義青年同盟部に入部することで、【高砂と領家の関係に修羅場イベント】が発生します。笑

【高砂が領家との先約を断って、新入生と日曜日出かけたところを、領家に見つかって修羅場モードに突入する】というイベントがきっかけになります

仲間たちの協力もあって、修羅場は解消されますが、イベントを経て【高砂と領家の関係が1歩前進します。】(恋人の1歩手前ぐらいの関係ですかね。

ただ、この状態は完全に、【神の想定した結果】になっているわけですが。
やはりこの幼●恐しっ!恐ろしい子!

<残念だった点>
無し。

★店舗特典情報まとめページは下記のURL
2015年11月10日 電撃文庫】特典情報_11月9日作成 ■3番目

★公式ページの書籍紹介URL
いでおろーぐ! 3

★電撃文庫HP
電撃文庫HP

★電撃文庫blog
電撃文庫blog

【アマゾン】

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です