神○しの英雄と七つの誓約<エルメンヒルデ> 1 感想

【オーバーラップノベルス】の【神○しの英雄と七つの誓約<エルメンヒルデ> 1 】の感想になります。

英雄物。
当然、買いました。絵もGJです。

だが、一つだけ誤算が。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

 タイトル  神○しの英雄と七つの誓約<エルメンヒルデ> 1
 出版社  オーバーラップノベルス
 発売日  2015/8/25
 著者  ウメ種
 イラスト  柴乃櫂人
 ジャンル  異世界ファンタジー
 主人公  特定条件下でのみTueeeeee!発動
 ヒロインの髪  金髪
 ヒロインの性格  のんびりした性格。 + 貴族
 管理人のお気に入り度  ★3(普通。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

これ、「B6判」じゃねぇか!。
このサイズ買うと保管場所に困るんだよなぁ・・・。
仕方ないか。買ってしまったものは。

<この小説の話を簡潔に語ると?>
「天才ニートとエルフの姫、力を合わせて英雄戦争を勝ち抜け!」

<物語の概要>
「いえ、魔物討伐を。」彼女は言った。どうみても魔物討伐なんて出来る容姿を彼女はいしていない。冒険者ギルド出会った美少女は、冒険者というより、貴族の気品を感じさせた。彼女がなぜ魔物討伐のクエストを受けたいのか事情を聴いたレンジは、彼女の魔物討伐クエストに手を貸すことにする。クエストの内容は、オークの討伐。オークと遭遇した二人だが、何やら様子がおかしい。無事クエストを完了できるのか?

<管理人感想>
1つのイベントだけで構成された1冊なので話が丁寧。ただ、話の内容が合わなければしんどい物語。

■物語について
物語は、【元英雄、世界の異変に気づき過去の仲間と出会うことを決意する。】です。

英雄は主人公を含め13人いるようです。13人全てがかなりチートクラスの能力を持っています。笑
【どんな傷でもなかったことにするとか。】
【奇跡すらおこせる大魔力がほしい。とか。】
・・・その他諸々。

主人公は魔神を倒した元英雄なのですが、魔神を倒した後、【仲間に何も言わず姿を消してしまっています。】
で、主人公はヒロインとの魔物討伐クエストで【世界の異変】に気づきます。この異変を【元仲間たちに相談して、今後どうしようか?】という展開になるようです。
なぜ、相談するのか?
【主人公が、13人の中でも最弱の英雄】
だからそうです。多いな。最近この設定。面白いからいいけど。笑

まぁ、主人公も言っているのですが、「勝手に姿を消しといて、異変が起きたから元仲間のところに行くのはなんだかなぁ。勝手かなぁ。」みたいなことを言っています。これが無かったら、「自分勝手な奴だな。」っと私は納得してなかったもしれませんが、【主人公の英雄の特徴】と【主人公が自分勝手な奴】と分かってるようなので、良しとしました。

今後は、間違いなく【13人の英雄との再会】 + 【世界の異変イベント】で構成されていくのでしょう。アフターストーリになるのでしょうか。大好物です。1巻目は、感想としては普通だったので是非期待したいところです。

店舗特典情報まとめページは下記のURL
【2015年8月25日発売 オーバーラップ文庫 オーバーラップノベルス】特典情報 ★5番目

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です