英雄教室2 感想

「ダッシュエックス文庫」の「英雄教室2」です。

1巻と同時に購入していたので、1巻読み終わった後、そのまま2巻突入です。

タイトル  英雄教室
 出版社  ダッシュエックス文庫
 発売日  2015/1/23
 著者  新木 伸
 イラスト  森沢 晴行
 ジャンル  コメディ + ファンタジー
 主人公  元勇者。
 ヒロインの髪  赤髪。
 ヒロインの性格  天然 + チョロイン + ツンデレ
 その他属性 娘あり。
 管理人のお気に入り度  ★4(そこそこ面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<この小説を1文で語ると?>
「元勇者、実は○○○○星人だった。」

<物語の概要>
上級クラス、下級クラスで友達を作ることに成功したブレイド。ブレイドの周りに平穏という文字は存在しない。「アーネストのダイエット」「ブレイドの水泳特訓」挙句の果てには、「あの人の降臨」まで。

<管理人感想>
「ファンタジーじゃなかった。このラノベは、コメディだった。」
「そして主人公は、○○○○星人だった。」

1巻で3話構成となっていました。(厳密に数えると5~6個ぐらいエピソードがあった気がします。)

○○○○星人の話は、あんまり何だかなぁ。って感じがしました。
なんか無理やり要素を付け足したって感じがして面白くなかったですね…。
その要素付け足さなくても、十分主人公いい味だしてると思うんですけど。
なぜその要素、付け足したと気になってしまいました。
別のエピソードでも、主人公が力を出し切った後に起こった事も、何だかなぁ。って感じが。

ただ、話の展開がどうなるのか楽しみながら、読んでた自分がいたのも事実。

トータル的に考えて、★4つでしょうか。

今後もずっと1巻あたり3話構成みたいな感じで進められると作者が書かれてますね。
あんまり1話ぶった切りの話は、苦手なんですが、とりあえず3巻も購入してみます。

あっ、今回も相変わらず主人公の能力はチートでした。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です