できそこないの魔獣錬磨師3 感想

【富士見ファンタジア文庫】の【できそこないの魔獣錬磨師3】の感想になります。

3巻目か。順調ですな。
1巻のメインはエルニア、2巻のメインはジルでしたが、3巻のメインはアリカになっています。

 タイトル  よできそこないの魔獣錬磨師3
 出版社  富士見ファンタジア文庫
 発売日  2015/9/19(公式は25日)
 著者  見波タクミ
 イラスト  狐印
 ジャンル  ファンタジー、バトルもの
 主人公  努力家 + 超鈍感。
 追加女性キャラクターの髪  敵側サイドで多数。
 追加女性キャラクターの性格  男勝り、天然。
 管理人のお気に入り度  ★4(そこそこ面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<この小説の話を簡潔に語ると?>
暗躍する敵から、仲間を救えアリカ。

<管理人感想>
新しい物語がようやく見えてきた。4巻目からの物語に期待。

■物語について
【アリカに転校の話が浮上】⇒【アリカのトラウマ解消】⇒【アリカの能力開花】⇒【エピローグ】

ということで、アリカがメインですが、敵側がいよいよ本腰を入れて動き出してきます。その敵側のターゲットになってしまうのが、あのお嬢で。笑

その子を助けるために、アリカが過去のトラウマを克服し、能力開花ー!
という話になっています。

まぁ、ありきたりな流れですが、極端に外して読む気が削がれるよりはいいと思います。笑

■最後に
【本気で本気になってる奴は、ゼッてぇに諦めねぇ。】
ラノベですが、このセリフ中々重いわ。
何かと成功してる人達って、本気で諦めてないと思うんですよね。
そう考えると、やっぱりこのセリフは中々重い。
ちょっとラノベ関係なしに、自分の人生を考えさせられました。笑

本気になれるものを探そう。そして俺も成功したい。(・o・)

■店舗特典情報まとめページは下記のURL
【2015年9月19日富士見ファンタジア文庫】特典情報_9月19日作成 ★3番目

■公式ページの書籍紹介URL
できそこないの魔獣錬磨師3

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です