コロシアム2 感想

【電撃文庫】の【コロシアム】です。

1巻の終わりで、高原里美の裏切りにより平和的解決が出来なくなったプレイヤー達。そんなプレイヤー達が2巻では、コロシアムから学校に戻ってきます。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

タイトル  コロシアム2
 出版社 電撃文庫
 発売日  2015/10/10
 著者  土橋真二郎
 イラスト  白身魚
 ジャンル  デ○ゲーム
 主人公  現実主義
 ヒロインの髪  茶?黒?髪
 ヒロインの性格 おとなしめ
 その他属性  なし。
 管理人のお気に入り度  ★4(そこそこ面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<管理人感想>
伊央と萩原。まだ合流はできない。笑

■物語について
【コロシアム】から伊央達プレイヤー帰還してきたことにより、学内全てがコロシアムになったわけですが。案の定、阿鼻叫喚になってますね。

前半は、伊奈川無双。後半は、その伊奈川無双の影響で、全校生徒が各々思いで、自分の考えにふさわしいと思う勢力に参画していきます。

登場人物がかなり投入され、かなりの人物がドロップアウトします。
私は紙に書かないと整理できませんでした。苦笑

ともかく、今後の物語展開のための準備の巻というところでしょうか。

■コロシアムから脱出する方法
方法1.学校に存在する全30クラス中、最後の1クラスとなること。(呼称:ラストナンバー)
方法2.各クラスから1人ずつ集め、選抜したクラスを作成すること。(呼称:セレクション)
方法3.続きをすること。 ←方法3は消滅。

■「おっ?」と思ったこと
【黒川咲季】だけ、所属クラスが明確になってないような気が。

後、【金剛真澄】の口調と【黒川咲季】の口調が、一緒??
【真澄】の素性を誰も知らない設定もあって【同一人物では?】と疑うのは私だけでしょうか?

■勢力組織の特徴

1.体育館
【主導:五十嵐渚】コロシアムにたプレイヤーたちをメインで構成されている。セレクションによるコロシアムクリアを目指す。
2.校舎勢力
【主導:雪村琴音】ラストナンバーによるコロシアムクリアを目指す。
3.ショッピングモール勢力
【主導:椎名流華】プレイヤーたちを不審者として扱い、不審者は絶対に受け入れない。対話によるコロシアムクリアを目指す。
4.部室棟勢力
【主導:黒川咲季】攻撃的な人間を排除した後に、人間的に議論と対話し、コロシアムクリアを目指す。
5.寄宿舎勢力
【主導:片桐美鳥】どんな状況でも友人を傷つけることはしない。完全に力を放棄。コロシアムクリアは平和的解決?。
6.校庭中央勢力
【主導:???】???(2巻完全ネタバレ防止のため未記入。)

colosseum_02_people

■最後に
この物語、どういう結末に流れるの?全くわかりません。笑

★店舗特典情報まとめページは下記のURL
突発的な購入だったため未作成。

★公式ページの書籍紹介URL
コロシアム2

★電撃文庫HP
電撃文庫HP

★電撃文庫blog
電撃文庫blog

【アマゾン】

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です