落第騎士の英雄譚8 感想

【GA文庫】の【落第騎士の英雄譚8】です。

ドラマCD版にするか。通常版にするか。悩みに悩んで結局、ドラマCD版買ってしまった。限定版という言葉につくづく弱いしふとです。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

タイトル  落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8
 出版社 GA文庫
 発売日  2015/10/15
 著者  海空 りく
 イラスト  をん
 ジャンル  バトルファンタジー
 主人公  努力家
 ヒロインの髪  赤髪
 ヒロインの性格 強気、真面目。
 追加女性キャラクターの髪  なし
 追加女性キャラクターの性格  なし
 その他属性  メイド、英雄、魔女あり。
 管理人のお気に入り度  ★4(そこそこ面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<管理人感想>
天音!何て悪い子!やり方が黒すぎてびっくりした!笑

■物語について
【珠雫 VS 天音】の話から進むはずであろうこの8巻。
ですが、この8巻は珠雫の反則負けから始まります。

ということで【ステラ VS 王馬】【一輝 VS 天音】の準決二試合がメインとなっています。
【王馬と天音の二人がなぜこの舞台にいるのか?】という二人の思いにも触れてありました。

【ステラ VS 王馬】戦は、「あぁ、人間という枠を超えたか。」という感想。これはいささかヤリスギのような気もしますが、設定上仕方ないか。笑
ただ、王馬みたいな人間はカッコいいんでしょうが、あの生きざまは、私には到底真似できませんね。

【一輝 VS 天音】戦ですが、相変わらず一輝が凄すぎる体術を披露するわけで。一輝も人間の枠超えてるよね。間違いなく。

バトルシーンが複雑というわけでもなく、理解しやすい内容だったのはよかったと思います。

次の巻で、いよいよ【一輝 VS ステラ】による決勝が始まります。多分、大会の後も話は続くのではないかと思っております。エーデルワイスとか、少ししか出てきてませんしね。

■「おっ?」と思ったこと
珠雫が天音を襲撃するんですが、返り討ちにあいます。この襲撃で、珠雫は反則負けとなります。
ただ、天音の返り討ち方法がゲ○い。もう一度言いましょう。ゲ○いです。マジで。
このゲ○さに、ある人物がブチ切れて助けに入るわけですが、カッコよすぎる。このシーンをリアルでされたら間違いなく、どんなに憎い相手でも認めざるを得ないだろうなぁ。^^

■最後に
サラが出てきたのが1ページだけだ・・・と。そらそうだよな。

本に巻いてある帯のキャンペーン対象商品リストに、【落第騎士の英雄譚9】が入っている。発売日は12月。マジでか!これは何?「アニメしてるうちに、さっさと出しちゃえ!」ってこと?商売上手ですなぁ。笑
発売日が早い分にはいいんですよ。私はね。笑

GA文庫に限らず、色々な文庫でもキャンペーンしてますが、帯の応募券切りたくないんですよね。コピーとかで対応できるように考えてくれないかなぁ。無理だろうなぁ。^^;

★店舗特典情報まとめページは下記のURL
【2015年10月15日 GA文庫】特典情報_10月16日更新

★公式ページの書籍紹介URL
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8 ドラマCD付き限定特装版

★GA文庫HP
GA文庫HP

★GA文庫blog
GA文庫blog

【アマゾン】

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です