路地裏バトルプリンセス3 感想

【GA文庫】の【路地裏バトルプリンセス3】の感想になります。

2巻の終わりで、チラッと出てきた師匠。
もちろん3巻での絡み方に期待して購入。

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

 タイトル  路地裏バトルプリンセス3
 出版社  GA文庫
 発売日  2015/8/8
 著者  空上 タツタ
 イラスト  平 つくね
 ジャンル  バトルもの、ラブコメ
 主人公  超人。笑
 ヒロインの髪  金髪、赤髪
 ヒロインの性格  天然(金髪)、お嬢(赤髪)
 追加女性キャラクターの髪  なし。
 追加女性キャラクターの性格  なし。
 管理人のお気に入り度  ★4(そこそこ面白い。)

ここより、物語のネタバレを含みます。

<この小説の話を簡潔に語ると?>
「好きだから、憧れだから、戦いたい。勝ちたい。負けたくない。」

<物語の概要>
「デートなさい。恋愛は先手必勝の戦いじゃなくって?」小町は親友・茜から悪魔の囁き(アドバイス)を受けた。頭の隅に置きながら小町は、いつも通り部室に顔を出す。しかし、部室で繰り広げられていた來未と日月の光景に絶句する。そして小町から出た言葉は、悪魔の囁きであった「・・・日月、プール行かない?」だった。天然の來未が無意識に日月をオトしてしまう前に、小町は親友・茜の悪魔の囁きを活用し、日月との関係を進展できるのか?

<管理人感想>
相変わらずバトルシーンの状況つかめねぇ。

「バトルがメインの物語で、どういう組み合いになってるとかわかりにくいのはどうよ?」
って感じがしてます。でも、きっとわからないのは私だけなんでしょう。笑

「サラッと読めなんです。状況説明が複雑すぎて。」

ん?バトルがメインだから複雑でいいのか?複雑ということはそれだけ状況を細かく説明してくれてるのか?そうなるとなんだ、私の理解力がたりないだけなんだな。よし解決。

じゃ、
「お前は何を楽しんでんだ?」
ってことですよね。

「状況がわかりにくいので、展開を楽しんでますね。笑」

・ラブコメ日常で、主人公が朴念仁の展開。
・主人公あいからわずTueeeeeeeeeeeeの展開。
・來未のポテンシャルもTueeeeeeeeeeeeの展開。
・師匠キター。主人公とのバトルキターの展開。

ですね。

バトルシーンは、なんとなくで感じ取ってます。笑

だって何回も言いますが、
「文章が難しいんだ・・・。」

後、公式ページとかには、3巻の物語は小町のデート話がメインみたいな感じで紹介されています。(私も公式に合わせて書きましたが^^;
3巻の物語のメインとなる話は、別の話だと思っています。新キャラ二人が出てくるのですが、この二人の話がメインでしょう。(サブキャラと言った方が正しいんでしょうが)笑

今回残念ながら、2巻の終わりで期待した師匠の活躍は、あまりありませんでした。師匠との話を、かなり期待していたんですが、4巻にひっぱられましたね。^^;

つまり、今回新キャラ二人の話を物語を差し込んできたことにより、師匠との話が4巻にひっぱられたんですよね。師匠との話の設定を面白くするために時間を稼いだのか?それとも何かの布石なのか?
まぁ、4巻では師匠の話がメインとして出てきそうなので期待するしかないんですが。笑

ともかく、物語の構成的には面白かったので、★4ということで。

店舗特典情報まとめページは下記のURL
【2015年8月12日発売 GA文庫】特典情報 ★10番目

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です