ありふれた職業で世界最強 2 感想

【オーバーラップ文庫】の【ありふれた職業で世界最強 2】です。
1回延期が入ったときは、かなり落胆しました。笑

ネタバレが嫌な方は、「記事を読む」を押さないようお願いいたします。

タイトル ありふれた職業で世界最強 2
出版社 オーバーラップ文庫
発売日 2015/11/21
著者 白米良
イラスト たかやKi
管理人のお気に入り度 ★5(面白い。)

物語の設定、人物、その他詳細情報、については、ありふれた職業で世界最強 総括情報に記述。

ここより、物語のネタバレを含みます。

■この巻の物語について
【新たな仲間、残念うさぎ登場】

・物語の流れ
【オルクス大迷宮クリア(1巻から) ⇒ ハウリア族との出会い。 ⇒ ハジメのハウリア族、魔改造特訓。 ⇒ ハウリア族のシアが仲間になる。 ⇒ ライセン大迷宮攻略開始。 ⇒ ボスとの対決。 ⇒ 3巻へ続く。】

<管理人感想>
【今回は、シリアルというかコミカル要素強し?】

シリアルな展開は少なく、コミカル要素が強い1冊。

・2巻から仲間になるシアが、お笑い担当?
・ライセン大迷宮の解放者が、お笑い担当。
・ハウリア族が、ハジメに鍛えられた結果、お笑い種族に。

ということで、1巻とはやや話の色が違いしました。

ハジメの仲間たちと再会するのかなぁ。と思って買った2巻。
残念ながら再開イベントは、3巻のようです。

その2巻では、【ハルツィナ大樹海の大迷宮】と【ライセン大迷宮】に挑戦します。

【ハルツィナ大樹海の大迷宮】を攻略しようとしますが、入場条件を満たせず攻略を断念。
攻略断念後、たまたまシアが見つけた【ライセン大迷宮】の攻略を開始することになります。

今回の大迷宮作った解放者が、コミカル担当(?)。
ちょっと異色の解放者となっています。

自由気ままというか、天真爛漫というか。

まぁ、イラッとするほどではありませんが。ウゼェ。となる性格ではありますが。笑

今回、「面白いな。」と感じた点は、
【ハルツィナ大樹海の大迷宮を攻略しようとして、入場条件を満たせず攻略を中断した。】
という点。

これって、RPGとかで、
【次の町、行く最中に寄り道して洞くつ探検したら、門があって入れなかった。仕方ない、帰ろう。】
っていうのと同じなぁ。と思ったんです。

【攻略に失敗した。(入れなかったので失敗したわけではありませんが。)】
という点が、「面白い。」と感じたんです。

大体、他のラノベだったら、
【1つ目クリアしたから、次はここ行こうぜ!⇒ 到着。2つ目、攻略開始。ヒャッハー!。】
って、何の問題もなく、すんなり物語が進んでしまうんですよね。

その点、
「条件不足で入れねえ!帰るか。」
これだけですが、セオリーを外しているというのは面白い。と思ったんですよね。

また、風呂入りながら、「一体、ここまでなぜ面白いと感じるのか?」を考えてみたんですが。

「読んでるんですけど、ゲームや映画を見てるみたいな感じがするということ。」
「文章だけど、映像が浮かんでくる。」

多分、これが「面白い」という感じる理由の1つなのだろうと。

<残念だった点>
なし。
3巻でいよいよ再開編とのことなので、どんな話になるのか楽しみです。

★店舗特典情報まとめページは下記のURL
ありふれた職業で世界最強 2 特典情報

★公式ページの書籍紹介URL
ありふれた職業で世界最強 2

★オーバーラップ文庫 ホームページ
オーバーラップ文庫 ホームページ

★オーバーラップ文庫 広報室ブログ
オーバーラップ文庫 広報室ブログ

【アマゾン】

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です